会社のこと、自分自身のこと、
現在の延長線上に想定される未来図に、不安を抱えていませんか?
正解がわかりにくい時代だからこそ、
正しいか間違っているかだけではない、
みなさまにとってのオリジナルな解を創りだすことが大切です。
ありたい姿への進化変革のご支援を通じて、
みなさまの未来を活性化させたい
という想いを屋号に込めました。

プロフィール

前田 崇利

名前
前田 崇利(まえだ たかとし)
生年月日
1972年(昭和47年)生まれ
血液型
O型
出身
東京都世田谷区
兄弟構成
男子3兄弟の長男で、弟が2人とも法律家という少し珍しい兄弟構成です。
大事にしている言葉
笑顔・挑戦・成長・成功・自由

略歴

1992年横浜国立大学工学部中退。スタートアップビジネスを2社経験するも失敗。PCを中心とした情報機器の専門小売チェーン店にフリーターとして勤務開始。その後社員登用の機会を得て社会復帰する。複数の店長経験を経て、チェーン本部にて人材育成と販売促進の責任者として異動し、業績向上の組織マネジメントや新業態開発に従事。

業績管理と人材配置を行う中で「業績向上のカギは人材力にあり」と考え、2002年に人材業界へ転身すべくテンプスタッフへ入社。
人材派遣ビジネスを通じ、人材ビジネスの社会インフラとしての社会貢献性の高さと、一方で、企業の求人事情と個人の就業事情の
ミスマッチが想像以上に存在している現実を目の当たりにする。

2006年に人事採用のプロフェッショナル企業であるレジェンダ・コーポレーションに入社し、約8年間で延べ100社超の採用プロジェクトのマネジメントとコンサルティングを担当。
その中でも、リーマンショック時に多くの企業が採用規模を急激に縮小させる中で「今こそ、いい人材を採用するチャンス」というクライアントからのヒントを得て「予算100万円の新卒採用」や「予算ゼロの中途採用」に挑戦する貴重な経験と、固定観念から離脱する重要性を痛感する。

2013年にテンプスタッフに再入社し、アウトソーシング部門にて、新たに人事領域ビジネスを立ち上げ。
2015年はテンプスタッフ人事部の採用教育の責任者を兼務する形で自社採用を推進させつつ、クライアントの採用成果創出にも貢献。
2016年、企業と個人両者の未来活性化事業を通じて社会貢献するという使命を形にすべく「未来活性研究所」を設立。